海外ニュース 一覧

役作りの為14キロ痩せたシャーリーズ・セロン

シャーリーズ・セロン
典型的な『American Beauty』のシャーリーズ・セロン。ブロンドの美しい髪に長い脚! そんなシャーリーズは南アフリカ出身。お嬢様育ちかと思えば、実は幼いころはアルコール依存症の父親からの暴力で悩まされたりして大変な子供時代を過ごしたようです。 『スノーホワイト』『プロメテウス』と話題作にも数々出演し、ハリウッドで確固たる地位を確立しているシャーリーズ。彼女の出世作はアカデミー賞、ゴールデングローブ賞等の数々の賞を受賞した『モンスター』ですよね。

立派なモデルへと成長したケンダル・ジェンナー

ケンダル・ジェンナー
アメリカの有名リアリティショー『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(Keeping Up With The Kardashians)』に11歳から出演しており、アメリカでは知らない人がいないほど幼い頃から有名だったケンダル・ジェンナー。 お姉さん(異父姉妹)はあの有名なキム・カーダシアン!

ゴシップガールの美しい母親役ケリーの美しさの秘訣は?

ケリー・ラザーフォード
アメリカの大ヒットTVドラマ『ゴシップガール』で主人公セリーナの母親役を演じたケリー・ラザーフォード。 NYのアッパーイーストの大富豪の役を品の良さ、スタイルの良さ、美しさで見事にこなしていました。 プライベートでは、大富豪の元夫との離婚&親権闘争で1億円以上を使い!自己破産を申請してゴシップ誌を賑わせていました。いくらお金をかけても二人の子供を自分の元においておきたかったとの事!

アメイジング・スパイダーマンのエマ・ストーン

エマ・ストーン
映画『アメイジング・スパイダーマン』で一躍若手注目女優の仲間入りをしたエマ・ストーン。 人気アクションものの映画だけでなく、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー助演女優賞にノミネートされるなど演技派女優への道を着実に歩み始めています。

ハイスクール・ミュージカルのヴァネッサボディの作り方

アメリカの大人気映画シリーズ『ハイスクール・ミュージカル』でヒロインを演じてティーンの間でトップアイドルになったヴァネッサ・ハジェンズ。 同じ映画の恋人役だったザック・エフロンとプライベートでも恋人同士だったことから、「理想の高校生カップル」的な扱いで全米中から応援されていました。 ザックはアイドルの様な狂信的な人気っぷりでしたが、ヴァネッサとなら許せる、というような風潮がアメリカのティーンの間にありましたが、残念ながら二人は別れてしまいました。。。

モデル界の『It Girl』ジジ・ハディッド

ジジ・ハディッド
人気急上昇中のモデル ジジ・ハディッド。まさにモデル界の“It Girl”の名前を獲得している存在です。 そんなジジは、元スパーモデルの母ヨランダ・フォスターと資産家の父モハメド・ハディッドの間に生まれました。 恵まれた環境で育ったように感じますが、実は幼いころに両親が離婚してつらい時期も体験しているようです。 他のセレブのように自堕落な生活を送ったりせず、バレーボールに専念しキャプテンを経験したり、乗馬もプロ並みにこなせるなど、体育会系の環境で精神的な強さを身につけていったそう。

女王も演じるケイト・ブランシェットのBeauty

ケイト・ブランシェット
アカデミー賞女優のケイト・ブランシェット。演技のすばらしさだけでなく、いくつになっても品のある美しさで世界中の人々から憧れの存在として君臨しています。 映画『エリザベス』ではエリザベス1世を演じ、見事なQueen’s Englishでオーストラリア出身とはわからないほど。 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズではガラドリエル、『アビエイタ―』ではキャサリン・ヘプバーンを演じ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前も刻まれています。

ジョニー・デップのハートを射止めたアンバー・ハード

典型的な金髪Beautyという印象のアンバー・ハード。 日本では、ハリウッド女優というよりも『ジョニー・デップの奥さん』という印象が強いかもしれませんね。 最近は、ジョニーが映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作の撮影でオーストラリアに滞在していた時、アンバーの愛犬2匹を検疫を受けず無断で入国させたとして、大きな話題となっていました。

若手女優注目度No1 エマ・ロバーツ

エマ・ロバーツ
日本では、ジュリア・ロバーツの姪っ子として知られているエマ・ロバーツ。 父親もオスカー候補になったエリック・ロバーツなので、芸能一家でそだったエマは、子役の頃からTVや映画の世界で活躍しており、Teen Choice Awardにもノミネートされ、ジュリア・ロバーツの姪という七光りを撥ね飛ばすぐらい実力を蓄えてきているエマ。

『グッド・ワイフ』のジュリアナ・マルグリースのアリシア的自己管理

ジュリアナ・マルグリーズ
アメリカの大ヒットTVドラマシリーズ『ER救急救命室』で看護婦長キャロル役でブレイクしたジュリアナ・マルグリーズ。 最近では『グッド・ワイフ』で主役の女性弁護士役を見事に演じゴールデングローブ賞も受賞し、演技派女優の仲間入りをしました。 今年49歳の彼女ですが、見事なプロポーションと美しさは若い時のまま。

ページ