アカデミー賞ノミネート マーゴット・ロビー

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。
だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず!
美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート!
190
マーゴット・ロビー
Margot Robbie
マーゴット・ロビー

今年のアカデミー賞で映画『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』での演技が高く評価され主演女優賞にノミネートされていたマーゴット・ロビー。
大ヒット映画『スーサイド・スクワット』のハーレイ・クイン役で大ブレイクを果たしたマーゴット。着実にキャリアを積み重ねていますね。

今回のアカデミー賞では、ビーズが施されたストラップが印象的なシャネルのオートクチュールドレスを着ていたのですが、途中でこのストラップが外れるというトラブルが発生。みんなが一瞬ひやっとしたのですが、自分で裁縫道具を使って対処したとの事!

そんなトラブルがありながらも、彼女の素晴らしい美しさとプロポーションに全米から絶賛の声が上がっていました。

そんなマーゴットのプロポーション維持方法の秘訣をお届けします!

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の役作り

マーティン・スコセッシ監督の映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のナオミ・ラパグリア役で一躍注目をされたマーゴット。
その際の美しさや演技の素晴らしさで一躍スポットが当たりました。

その際の撮影の為にマーゴットは体を絞らなければいけませんでした。
普通のオーストラリア人と同様、ビール、ハンバーガー、フライドポテトが大好きなマーゴット。もちろん撮影前には厳禁!
ダイエットの為に、人参スティックだけにしたり、食べ物の量をすべて控えめにしてコントロールしていました。

運動はというと、撮影前パーソナルトレーナーのAndie Hecker と1日3時間のトレーニングを3ヶ月間、かつ撮影中もずっとおこなっていたそう。
美しい体のラインを作るために、重い重量のウエイトトレーニングは行わず、ピラティス、バレー、縄跳びなどの有酸素運動を組み合わせて行ったとの事。

正に努力の結晶があの美しいプロポーションなのですね!
写真:©Photo by PR Photos