『デスパレートな妻たち』のテリー・ハッチャー

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。
だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず!
美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート!
114
テリー・ハッチャー
Teri Hatcher
テリー・ハッチャー

『デスパレートな妻たち』では主役の一人、シングルマザーのスーザンを演じてゴールデングローブ賞を受賞したテリー・ハッチャー。
2010年には、同作の1話当たりの出演料が40万ドル(約4,000万円)!!ということで話題になりました!それだけ視聴率と話題性が高く影響力のあるドラマでしたね!

美魔女という言葉がはやる前から何歳になっても美しいとアメリカで言われていたテリー。
ただ、ドラマの他のメンバーとの不仲が問題になったり、裁判沙汰、わがまま女優等々、事あるごとにゴシップ誌を賑わせていました。

ドラマがシーズン8で終わったので、最近は、そんなゴシップよりも娘のエマーソンちゃんの売り込みを頑張っているテリー。
何歳になっても美しさを保ち続けるテリーの秘訣をお届けします!

週6日の有酸素運動

現在51歳のテリー。20代、30代の頃はダンスが得意で、ダンスをすることでスリムな体を維持していました。

ただし、40代になってからは、それだけでは体型を維持できない、またテリー自身のエキササイズへの興味も変わってきました。
忙しいテリーは、毎日たった10分!のトレーニングを欠かさず行うようにしています。
10分の中には、本当に強度の高い12のエキササイズを入れ込むことによって、腹筋、腕などの全身の筋肉を個別に使いこなしています。

その他の有酸素運動としては、マラソン、自転車、水泳を行っています。
特にマラソンは2日に1回は行っており、10キロ~18キロぐらいを毎回走り、ディズニースタジオにいたときには、30キロの川沿いのコースを走っていました!
チャリティーマラソンにも積極的に参加しています。凄いですね!

その他に週に2日は約1キロ泳ぎ、週に2日は約30キロ自転車を走らせています。
つまりは毎日10分のトレーニング、週6日は有酸素運動を行っているという事ですね!!

食べるものはというと、テリー曰く「ダイエットの為の食事はしないのよ。すべて健康の為の食事なの」と説明しています。

カロリー計算もポーションコントロールもせず、もちろんポテトチップスや加工食品もなるべく食べないようにしています。

運動をたくさんするので、筋肉が喜ぶ食べ物を摂るようにしており、魚やラム等のプロテインを中心とした食事に、オーガニックの野菜とフルーツを沢山食べています。

炭水化物も食べており「プロテインと炭水化物のバランスが重要なのよ」とテリーは説明しています。

40代になってから運動量を増やし、何かを食べてはいけないという食事療法ではなくバランスを重視するのがテリーの何歳になっても美しい秘訣ですね!
写真:©Photo by PR Photo