田嶋先生 急増するパソコン顔とその解消法

ビューティーカタリスト 田嶋 直美 先生 17

田嶋先生顔写真

美しいのに柔らかい雰囲気ですべを包んでくれそうなオーラをもつ田嶋先生。美に関しての関心から多くの資格や知識を身につけ、ついには薬学部まで入学するほど色々な事を探求し続ける田嶋先生に内面と外面の両方が美しくなる為のアドバイスをいただきます!

急増するパソコン顔とその解消法

あなたの今のお顔は『身体と心の鏡』

田嶋

こんにちは。
ビューティーカタリスト 田嶋直美です。

あなたの今のお顔は『身体と心の鏡』です。
そして、お顔は今ある環境(仕事・行動パターン・国柄・表情癖…)からも作られるのです。
もちろん、土台である骨格や各パーツの形や位置は、あなたのご両親やお祖母様、お祖父様…と脈々と受け継がれる遺伝によるものです。

しかし先ほどお伝えした通り、お顔は様々な要因をもとに変化するのです。
それなら、今ある素材を一番美しい状態に変化させたいですよね。

今よりも美しくなれる方法があるならやるしかない!そう思うのです。
その方法の一つが急増するパソコン顔の解消です。
パソコンやスマートフォンの普及により急増するパソコン顔は、美しい、若々しいとは対極にあるお顔になります。

パソコンやスマートフォンなど電子機器に向き合う時間が長いという方。
それらに向かっている時、あなたはどのようなお顔をされていると思いますか。

パソコンやスマートフォンに向き合っている時のあなたのお顔は
笑ってる、微笑む、泣く、怒っている…
どれもNOです。

ただ、画面に映し出された内容によっては、そのような表情を一瞬されるときもあります。

ということで答えは、『無表情、能面』です。
さて、この状態が長く続くと…
パソコンエイジング症候群(勝手に名付けました)の発症です。

もともと日本人は外国人に比べて表情の乏しい傾向にあります。
それは、日本語は顔をあまり動かさなくても話せる言語だからです。
また、日本人は感情をあまり表に出さない傾向にあるため、表情筋をあまり使わずに会話をする人種でもあるのです。

ただし、お笑い芸人さん、タレントさん、女優さん、モデルさんは別です。

画面や誌面からもわかるように、お顔からも分かりやすいメッセージを発信しなくては、視聴者、読者に伝えることができません。
このような方々はお仕事柄より普段から豊かな表情を作るため、お顔はキュッと上がり変化のある表情を見ることができます。

しかし、その対極でもあるライフスタイルを過ごしているのが、パソコンなど電子機器をパートナーに日々お仕事をしている私たちのお顔。

つい無表情な状態で1日の長い時間を過ごしてしまいがちです。
かといって、パソコンなど電子機器を使いながら表情を作るなんて難しいですよね。
そもそもそれらを相手に感情を表にだす必要がないのですから仕方のないことです。

ただ、この状態が長く続くとだんだんとお顔の筋肉は衰えていって、
たるみ
くすみ
シワ
を加速させてしまうのです。

また、パソコンの電磁波から受ける影響でお顔は乾燥して、肌の弱いかた・電磁波の影響を受けやすいかたは『電磁波過敏症(EMS)』を招き肌荒れや体調(疲れ、睡眠…)にまで影響が出てしまうのです。

この相次ぐ健康被害から、世界保健機関(WHO)も『電磁波過敏症(EMS)』を認めたのです。電磁波から招く現代病とも言えます。
美容的に言うと、『電磁波過敏症(EMS)』も先ほどお伝えしたパソコンエイジング症候群の一つとも言えるのです。
私もパソコンに一日中向かってお仕事をしているとたまに発症しております。
表情は乏しく、お顔全体は柔らかさが薄れた酸欠状態で決して美しいお顔とはいえません。

やはり女性なら
活きいきとしたお顔
柔らかさや優しさを感じる癒しのお顔
表情豊かなハートを感じるお顔
このような印象のお顔に憧れるものです。

周りにも癒しや元気や幸せを感じさせてあげられるような
幸せ顔の女性になりたいですよね。
きっと、魅力的な女性ってそれがお顔から溢れているのです。

何度も言いますが、『お顔は心と身体の鏡』です。
お顔はウソをつきませんから。

特に身体や心の変化を感じ始めた40代以降の世代は、これからの人生
行動した分
意識した分
結果は大きく変わってきます。

放っておいてもどうにかごまかせた時期は過ぎました。
これからは、自分の心や身体に向き合ってどれだけ手をかけてあげられるか、またそれを諦めないかです。

自分に対して親身になり自分自身の愛情豊かな親となり、あなたのこれからの人生に健康的な美しさや若々しさを必要とするなら、
今からしっかり、たまにうっかりで、楽しみながら育んでいきましょうね。

最後に【パソコン顔を解消する方法】をお伝えしますね。

特に長時間パソコンに向かって作業をする時に取り入れて戴きたいとってもシンプルな方法です。
① お顔(目周り・こめかみ・頬・口周り)と頭皮全体(特に前頭部)をほぐすように軽いタッチでマッサージ
② お顔の筋肉(表情筋)を意識して色んな表情を作りながら筋肉のこわばりを緩める
③ パソコンから離れた時はなるべく意識的にリラックスして過ごす。

① ②行なうタイミングは作業の間や休憩時間、また帰宅後の入浴中などをおすすめします。

ぜひ、できることから始めてみて下さいね。

電磁波による肌トラブルや健康被害の対策に関してはまたの機会でお伝えしたいと思います。

では、また。

プロフィール

田嶋先生プロフィール写真

ビューティーカタリスト

田嶋 直美たじま なおみ

大分県大分市生まれ。ファッションやヘアーメイクなどの外見の美しさに始まり、アロマテラピーや薬膳などの内面の美しさを探求。さらに、普段の食べ物やカラダにつける化粧品などがどのようにカラダに作用するのかを専門的に学べる薬学部にまで入学。今もなお続く「美」への探求は15年以上にわたり、これまで習得した知識や技術は100を超える。「美」への探求をしている中で、かつての自分がそうだったように、美意識が高いだけに世の中にあふれつづける情報に流されてしまう「ビューティー難民」(自分にあわない美容法でムダな時間とムダなお金を使ってしまう)を救うため、ビューティーカタリストとして活動。15年間に渡り培ってきた美に関する知識と技術で、一人ひとりにあったその人を一番美しくする美容法を提案。のべ100名以上の女性から「どんなプロに聞くよりも確かで納得できる美容法を教えてもらえる」と感謝されている。
HP(http://beauty-catalyst.com/?bd)